婚活をする場合と恋活をする場合とでは、相手探しの基準は違ってくるものです。
当然ですが、両者では目的が違うわけですから、相手探しの基準が違うのも当たり前のことではあります。

恋活は自分のタイプ重視して相手を探せばいい

恋活の場合は、とにかく充実した恋愛をすることが1番の目的ですから、自分のタイプを重視して相手を探せばいいわけです。
相手の見た目、年齢、性格、特徴、趣味など、そういった要素を基準にして探していき、自分と相性が合いそうであれば関係を結べばいいのです。

婚活では結婚を視野に相手を探さないといけない

しかし婚活の場合は、自分のタイプだけで相手を探すわけにはいきません。
結婚を視野に入れているわけですから、経済面や職業や地位といった、そういった要素も考慮して相手を探さないといけないのです。
幸せな家庭を築いていくためにも、視野を幅広く持って相手を探していく必要があるのです。

出会いの重要度も違う

恋活アプリで出会う場合は、少しでも気になる相手が見つかれば、気軽に出会うこともできます。
しかし婚活アプリで出会う場合は、じっくりとコミュニケーションを取った上で、真剣な気持ちで出会わないといけないのです。
出会いの重要度も違うわけですから、前者は楽な気持ちで出会うことができますが、後者は生半可な気持ちでは出会えないのです。

好きであることは共通している

ただ、恋活でも婚活でも、好きな人と出会うことに変わりはないわけですし、そこだけはどちらも共通していると言えるわけです。